大人になってもニキビで悩んでいる人は多いものです。思春期の頃は、成長ホルモンが盛んに分泌されていますから、顔に皮脂が増え、それに伴いニキビができやすくなります。ただ、思春期を過ぎて大人になってからもニキビがよく出るという人は、何らかの原因が考えられます。例えば、仕事のストレスであったり、あるいは生活習慣の乱れ、疲れ、睡眠不足などがそうでしょう。また、大人ニキビは皮脂の少ない部分にできるという特徴もあります。このニキビは、実は乾燥肌が原因とされるのです。

思春期の頃は皮脂で覆われていた皮膚も、大人になってくると部分によっては肌の水分が少なくなっているところがあります。この部分乾燥がニキビを引き起こすのです。この乾燥肌ですが、男性ホルモンと関係があると言われています。もみあげからあごにかけて、あるいは口の周り、鼻の下などが乾燥しやすい部分で、こういった部分は男性ホルモンの影響を受けやすいのです。

では、なぜ乾燥肌がニキビになるのでしょう。肌は乾燥してくると皮脂を分泌します。この皮脂が毛穴を詰まらせ、ニキビを作るのです。大人のニキビは夏ではなく、冬によくできるのも乾燥が原因しているからなのです。つまり、大人のニキビ対策には保湿が必要となってくるのです。

乾燥肌とニキビ